体重を落とさず、体脂肪だけを落とす方法は?

体脂肪を落とすとなると、脂肪を減らすことになるわけですが、その時には脂肪だけではなく、筋肉も分解され減っていきます。
その結果、体重も減ることになります。
では、体重は落とさず、体脂肪だけを落とすということは可能なのでしょうか。
体重は落とさず、体脂肪だけを落とすためのポイントとしては、急がないということです。
急いで脂肪を減らしたいと無理な食事制限をしたり、過度な運動を行った場合には、体脂肪や体重を減らすことは出来るかもしれませんが、筋肉も落ちてしまいます。
無理のない範囲である程度の時間をかけることで、体重を落とさず、体脂肪を落とすことが出来ます。
運動を行うという場合には、目的に合わせて有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるようにします。
脂肪を落とすためには、有酸素運動が適していますが、筋肉を増やすためには筋トレなどの無酸素運動が適しています。
また、食事管理では、タンパク質を普段の食事よりも多く摂取するということを心掛けるようにしましょう。
そうすることで、筋肉量を維持することが出来ると言われています。
赤身肉などはタンパク質が豊富に含まれているにも関わらず、低カロリーであることからおすすめすることが出来ます。

ti-1

体脂肪の落とし方は男性と女性で違うの?

体脂肪の落とし方は男性と女性では変わりありません。
性別よりも体質などにより少し違いがあるのではないでしょうか。
普通のダイエットと違い、ただ食事療法だけでは体脂肪を落とすことは難しいです。
食事療法と運動やストレッチなどを一緒に行う事で、体脂肪を効果的に落とすことが出来るのです。
ただ、女性は男性よりも体に脂肪がつきやすい為に、甘い物や脂っこい食べ物には注意が必要です。
脂肪を身体の中から燃やしていくために、特定保健用食品に指定されているお茶やドリンクを利用するのも良いのではないでしょうか。
男性も女性も同様に、運動やストレッチ前に飲むことで、体脂肪を効果的に落とすことが出来ます。
運動での落とし方で、お勧めのものはウォーキングです。
ウォーキングは全身運動として効率がよく、効果的です。
ただ、ゆっくり散歩するように歩くのではなくて、少し早歩きで汗ばむ程度の速さで歩くことで、ダイエットにも効果が高くなります。
このように、体脂肪の落とし方は性別で大きな変わりはありませんが、脂肪のつきやすさなどは変わってくる為に、自分の体型をしっかり把握して、どこの脂肪を落としたいのか理解してから、運動などをすることをお勧めします。

ti-8

体脂肪を10パーセントに落とすにはどういう方法を取ればいいのか?

体脂肪を10パーセントに落とす方法は運動と食事制限の2つを行うことになります。
大人になって脂肪がついてしまった方は決して少なくないはずです。
学生時代と比べて運動する機会が明らかに少なくなっているので、暴飲暴食を繰り返してしまえば太ってしまいます。
ダイエットをしているがなかなか成果が出ない人はダイエット方法に問題があると考えられます。
ジョギングなどの運動をしているが、その分食べてしまう等のケースがあります。
10パーセントまで落としたいのであれば、運動だけでなく食事制限でカロリー摂取を抑えることが必須です。
カロリーの高い炭水化物や揚げ物はできるだけ避けて、野菜中心の食生活に変えることが1番のダイエット法になります。
私自身も行ってみて、運動だけのダイエットよりも食事制限のダイエットを行った方が体脂肪が落ちやすくなったと実感しています。
1回ついた体脂肪を簡単に落とす方法はありません。
しかも10パーセントに落とすのは難易度が高いので、食事制限もしっかり行わなければいけません。
また、効率よく落とす方法として、サプリメントを使うのも有りです。
脂肪燃焼がしやすくなる効果が期待できるので、通常よりダイエットが上手くいく可能性が高くなります。

ti-3

体脂肪を落とすことのできる食べ物や飲み物

ダイエットには有酸素運動や食事制限をすることは効果的ですが、普段の食べ物や飲み物を変化させることで体脂肪を落とす効果を得ることも期待できるのです。
たとえば食物繊維を多く含む野菜などは便秘の改善に効果的ですが、それだけでなく栄養分の余分な吸収を抑えることもできます。
特にブロッコリーはテストステロンと呼ばれるホルモンの生成を助ける働きがあり、これによって脂肪の燃焼を助け、落とすことができるのです。
またトウガラシに含まれるカプサイシンにも同じように脂肪燃焼を助ける働きがあります。
その他キュウリや青魚、ステーキの赤身部分、海藻類、フルーツいった食べ物にも摂取することで代謝機能を上げる成分が含まれていますので、太りにくい体作りに役立つと言えるのです。
飲み物では食事前に牛乳や豆乳、炭酸水を飲むと満腹感を得られやすく食事の摂取量を抑えることができますし、ブラックコーヒーには代謝を促進するような働きがあります。
また緑茶に含まれる成分カテキンは近年ダイエットで注目の成分ですが、脂肪の吸収を抑えて有酸素運動の際により体脂肪が燃焼しやすくなるのです。
体脂肪を落とすには無理なダイエットではなく、食べ物や飲み物を脂肪吸収しにくい、そして燃焼しやすいものに代えていくことが健康的に続けられるコツなのです。

ti-4

食事メニューのポイントとは?

ダイエットで特に体脂肪を落とすために食事メニューについて気を付けるべきポイントがあります。
では、具体的にどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。
一つ目のポイントは、体脂肪のもととなる脂肪分や糖質を控えめにするということです。
揚げ物などの脂っこいメニューは控えたり、お米やパンといった糖質が多い食べ物はいつもよりも量を減らすように心がけましょう。
ただし、極端に減らしてしまうのはNGです。
糖質は脳の栄養になるため、糖質が不足すると頭が回らなくなってしまいますし、血糖値が上がらないためにめまいなどを起こす危険性もあります。
また、脂質も極度にカットすると便秘になったり肌が乾燥したりするので、あくまでもいつもより控えめにすることを心がけましょう。
そしてもう1つのポイントが、筋肉のもととなるたんぱく質を積極的に摂取するということです。
体脂肪を落とすためには、体脂肪を燃焼させるための筋肉が必要になります。
ですから、食事の際にはお肉やお魚、豆類をメニューに積極的に取り入れるといいでしょう。
その際、あまり油の多いものではなく、お肉ならヒレやささみ、お魚なら白身魚などがおすすめです。
体脂肪を落とすためには、何でも減らせばいいということではなく、積極的に食事でたんぱく質を摂取するようにしましょう。

ti-5

体脂肪を落とす運動・筋トレにはどんなものがあるの?

体脂肪を落とす為の運動や筋トレには、内臓脂肪に直接働きかける腹筋や背筋がお勧めです。
毎日続けることで、効果的に体脂肪を落とすことが出来ますし、身体のシェイプアップにも繋がります。
見た目は太っていないのに、健康診断を行うと体脂肪が多くて困っている、という方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
内臓周りに溜まった脂肪のせいで、見た目よりも体脂肪が多くなっていることは多いようです。
そんな余分なぜい肉を落とすには、運動や筋トレが効果的です。
もちろん、食事療法も必要となりますが、食事療法だけでは健康的にダイエットすることは出来ません。
毎日の規則正しい生活と、運動・筋トレが必要となるのです。
体脂肪は、特にお腹周りの内臓のあたりに付いていることが多いですから、腹筋や背筋などの運動や筋トレを行い、ぜい肉を落としていきましょう。
短期間でも良いですから、ジムなどのスポーツクラブに通ってみるのもお勧めです。
ジムに行くという目的があれば、自分のダイエットの目標に向けて頑張れる方も多くいらっしゃいますので、是非お勧めです。
運動や筋トレを行う事で、痩せやすく脂肪が付きにくい身体をつくることが出来ますので、一度お試しください。

ti-6

体脂肪を落とす際にサプリメントとしてプロテインは必要?

体脂肪を落とす方法には様々なものがありますが、サプリメントの一つとしてプロテインを摂取することは効果的です。
というのも、サプリメントとしてよく使用されているプロテイン、これは実は、タンパク質そのものです。
タンパク質は肉や魚などを摂ることで摂取できますが、通常それらには他の栄養素も様々なものが含まれています。
いっぽうプロテインはと言うと、通常はタンパク質のみで構成されています。
つまり、このサプリメントはタンパク質が不足していると思う際に摂るものということになります。
ではなぜそれが体脂肪を落とすことに繋がるのでしょうか。
それは、筋肉を落とさずにダイエットができるからです。
体脂肪を落とすためにはダイエットが必要です。
ですが、ダイエットでよくあるのが、脂肪を減らしたと思っていたが筋肉が落ちているだけという状態です。
筋肉が落ちてしまうと代謝も悪くなります。
すると、ダイエットをやめた途端に摂取した糖分などをエネルギーとして使うことがなくなり、一気に脂肪が増えてリバウンドしてしまうのです。
そうならないために必要なのが筋肉量を維持することです。
体脂肪を減らしつつも筋肉量を落とさないためにタンパク質のみ補充する、そういった際に有効活用できるのがプロテインというわけです。

ti-7

参考になるサイトを1つ紹介

ここで紹介した方法で体脂肪を落とすことが叶わなかったら漢方を利用するという手段も存在します。
例えば、話題になったものとしては生漢煎というものがあります。
参考になるサイト:生漢煎
生漢煎は脂肪で悩んでいる方に向けた漢方です。詳細情報はこちらのウェブサイトで紹介しています。